あなたに代わって賢くトレードするiサイクル2取引TMの実績をレポート!

外為オンラインの自動売買 実績としくみ

決済損益のランキング

集計期間を「過去3ヶ月」、ポジション方向を全て(買・売・トレンド)、新規注文可能額を100万円に設定し、通貨ペアごとのランキングを更新しています。iサイクル2取引TMの戦略立てや必要資金の目安にご活用ください。

2024年7月16日現在

通貨ペア選択

順位 通貨ペア 売買 足種 ポジション間隔 最大ポジション数 想定変動幅 決済損益pips 利食回数 損切回数 必要な新規注文可能額
1 USDJPY トレンド(SMA) 月足 100 8 800 3,279 34 0 868,000
2 USDJPY - 100 8 800 3,212 33 0 868,000
3 USDJPY トレンド(SMA) 週足 100 8 800 3,205 33 0 868,000
4 USDJPY トレンド(SMA) 日足 100 8 800 3,184 33 0 868,000
5 USDJPY トレンド(SMA) 4時間足 100 8 800 3,100 32 0 868,000
順位 通貨ペア 売買 足種 ポジション間隔 最大ポジション数 想定変動幅 決済損益pips 利食回数 損切回数 必要な新規注文可能額
1 EURJPY - 50 10 500 3,536 123 5 966,000
2 EURJPY - 100 8 800 3,534 36 0 912,800
3 EURJPY トレンド(SMA) 日足 50 10 500 3,492 123 5 966,000
4 EURJPY トレンド(SMA) 4時間足 50 10 500 3,491 123 5 966,000
5 EURJPY トレンド(SMA) 4時間足 100 8 800 3,481 36 0 912,800
順位 通貨ペア 売買 足種 ポジション間隔 最大ポジション数 想定変動幅 決済損益pips 利食回数 損切回数 必要な新規注文可能額
1 GBPJPY トレンド(SMA) 週足 100 5 500 3,494 55 4 561,500
2 GBPJPY トレンド(SMA) 週足 100 6 600 3,486 53 3 703,800
3 GBPJPY - 100 5 500 3,480 55 4 561,500
4 GBPJPY トレンド(SMA) 月足 100 6 600 3,379 52 3 703,800
5 GBPJPY トレンド(SMA) 日足 100 6 600 3,261 51 3 703,800
順位 通貨ペア 売買 足種 ポジション間隔 最大ポジション数 想定変動幅 決済損益pips 利食回数 損切回数 必要な新規注文可能額
1 AUDJPY トレンド(SMA) 日足 50 12 600 2,957 61 0 906,000
2 AUDJPY トレンド(SMA) 週足 50 12 600 2,923 60 0 906,000
3 AUDJPY トレンド(SMA) 日足 50 10 500 2,919 60 0 705,000
4 AUDJPY トレンド(MACD) 月足 50 12 600 2,907 60 0 906,000
5 AUDJPY トレンド(SMA) 12時間足 50 10 500 2,901 60 0 705,000
順位 通貨ペア 売買 足種 ポジション間隔 最大ポジション数 想定変動幅 決済損益pips 利食回数 損切回数 必要な新規注文可能額
1 NZDJPY トレンド(SMA) 日足 50 10 500 2,369 49 0 662,000
2 NZDJPY トレンド(SMA) 日足 50 12 600 2,368 49 0 854,400
3 NZDJPY トレンド(SMA) 4時間足 50 10 500 2,273 47 0 662,000
4 NZDJPY トレンド(SMA) 週足 50 10 500 2,170 45 0 662,000
5 NZDJPY トレンド(SMA) 週足 50 12 600 2,167 45 0 854,400
順位 通貨ペア 売買 足種 ポジション間隔 最大ポジション数 想定変動幅 決済損益pips 利食回数 損切回数 必要な新規注文可能額
1 EURUSD - 100 5 500 500 5 0 582,845
2 EURUSD トレンド(SMA) 月足 100 6 600 400 4 0 746,883
3 EURUSD - 100 6 600 399 4 0 746,883
4 EURUSD トレンド(SMA) 月足 100 5 500 399 4 0 582,845
5 EURUSD トレンド(MACD) 月足 100 5 500 399 4 0 582,845

想定変動幅と注文間隔

想定変動幅が広く注文間隔が小さい=必要資金は大きい。想定変動幅が狭く、注文間隔が大きい=必要資金は小さい。
  • 想定変動幅が広く、または、注文間隔が小さくなると、ポジション数が多くなる為、必要とする資金は大きくなります。また、利益(または損失)が発生する機会が増えます。
  • 想定変動幅が狭く、または、注文間隔が大きくなると、ポジション数が少なくなる為、必要とする資金は小さくなります。また、利益(または損失)が発生する機会が減ります。

参考期間と想定変動幅

今後の想定変動幅を決める為に、現在から過去の参考にする期間を選びます。
参考期間が短い場合は、直近の相場を参考にして今後の想定変動幅が決まり、逆に参考期間が長い場合は、より過去からの相場を参考にして今後の想定変動幅が決まります。実際にチャートで過去の値動きを見て、どれくらいの想定変動幅にするか決めましょう。

チャートの過去図 過去1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月の想定変動幅

ポジション方向

今後、値段が上がる(円安)と予想するなら「」を選び、値段が下がる(円高)と予想するなら「」を選択します。今後の相場の予測が難しく、「売」「買」の判断をシステムに任せたい場合は、「トレンド」を選択します。「トレンド」機能は、システムが相場状況を見極め、自動的に「買」または「売」を判断します。

ポジション方向の図

トレンドを選択した場合
取引開始後 トレンド転換時:トレンドに合わせて自動で反転

取引開始後はトレンドの転換点にあわせて、「買」または「売」を自動で反転させながら取引を続けます。

ページのトップへ